【レビュー】イオン・トップバリュの「カスタマイズノート」がすごい!

 
スポンサー検索
 
4月になってもうすぐ2週間。
みなさん、新しい手帳はもう買いましたか?
 
4月始まり派の方で、
 
「なかなか思うような手帳に出会えない!」
 
とお悩みの方もいるかと思います。
 
今回は、そんな方にオススメな
 
「イオン トップバリュ カスタマイズノート」
 
をご紹介したいと思います。
 
・安くて
・高機能で
・自由度が高い
 
の三拍子がそろった、素敵な手帳なんです!
 
 
スポンサーリンク
 
 

トップバリュの「カスタマイズノート」って?

 
イオンのプライベートブランド、「トップバリュ」から発売されている
組み合わせ自由な手帳です。
 
マンスリー、横罫ノート、方眼ノート、4コマノート、タスクリストなど
数種類のノートの中から好きなリフィルを組み合わせて、
自分だけの手帳を作ることができます。
 
「なかなか思う通りの手帳に出会えない!」
 
「手書きで手帳を作ってみたいけど、枠を書くのは面倒だし…」
 
そんな方にぴったりの手帳なのです。
 

最大で4冊のリフィルを組み合わせることができる

 
専用のノートカバーには、リフィルを差し込むポケットが4つもついており
最大で4冊のリフィルを自由に組み合わせることができます。
 
 
 
他社のノートカバーと比べてみても、
2冊までしか差し込めないものが多いため
 
トップバリュの「カスタマイズノート」は、
より自由度が高いと言えます。
 

リフィルの種類が豊富

 
カスタマイズノートのリフィルは、
ぱっと見た感じ以下のような種類がありました。
 
・月間スケジュール
・週間スケジュール
・横罫ノート
・方眼ノート
・やることノート
・4コマノート
・アカウントリスト
 
※全部で何種類あるのか、また分かり次第追記しますね。
 
手帳としてだけではなく、メモや雑記帳、
仕事用のノートとしても使えますね。
 
個人的に面白いなぁと思ったのは、「4コマノート」です。
 
無印良品にも4コマノートや4コマメモがありますが、
これって結構便利なんですよね。
 
そのまま漫画を描いてもいいですし、
プレゼンのスライドについて考えてみたり、
作家の方だったら、起承転結を1コマずつに書いたり。
 
無印の4コマノートは分厚すぎる…という方は、
ぜひトップバリュのリフィルで試してみては?
 

大きさは2種類、カバーは3種類

 
大きさは、A6とA5の2種類。
 
それぞれの大きさに、
 
・ソフトカバー
・ハードカバー
・合皮カバー
 
の3種類のカバーがラインナップされています。
 
ソフトカバーは、文房具などを入れるスライダーポケット付きで
収納力があり、とても便利。
 
ハードカバーは、しっかりとした素材のため
カバンの中で手帳の端が折れ曲がったりしません。
 
合皮カバーは、他の2つのカバーに比べてお値段が高めですが
その分高級感があり、素材にこだわりたい方にはぴったりです。
 

値段がとにかく安い

 
何と言っても最大の特徴は、
とにかく値段が安いこと。
 
「トップバリュ」は、イオン系列のプライベートブランドなので
他のメーカーよりもお値段を抑えることができます。
 
詳しいお値段は確認中ですが、
カバー+ノート4冊で¥1000ちょっとぐらいだったかと。
 
市販の手帳と同じくらいのお値段で買えるのに、
中身は自分好みにカスタマイズできます。
 
カスタマイズ式の手帳といえば、
トラベラーズノートが有名ですが
 
まずは安価に始めたいという方にとっても、
カスタマイズノートはとてもおすすめですよ。
 
スポンサーリンク
 
 

実際に「カスタマイズノート」を使ってみました

 
イオンの店舗に赴き、「カスタマイズノート」を買ってみました。
 
 
選んだのはこの4種類。
 
・ハードカバー(ブラック)
・月間スケジュール
・方眼ノート(2冊)
・クリアポケット
 
それぞれどんな使い方をしているのか、次の項で解説していきますね。
 

私はこういう組み合わせで使っています

 
まず、月間スケジュールはそのまま月間のスケジュール管理用。
 
 
以下のように、日付を自分で書き込めるようになっています。
 
 
本来、いちばん左は月曜日の欄なのですが
私は日曜始まりに慣れているので、無理やり日曜始まりにしています。
 
左端や下段にメモ欄があるなど、メモスペースもたっぷり。
 
次に方眼ノートですが、これは2冊挟んでみました。
 
 
1冊はバレットジャーナルとして使っています。
まだ使い始めて間もないですが、
手帳のウィークリーページに書き込むよりは
空欄ができず、無駄なく使うことができそうです。
 
「自分にぴったりの手帳が見つからない!」 そんなお悩みを抱えてしまった方、いませんか? 自分にぴったりの手帳が見つからないのなら、 自分にぴったりな手帳を作ってしまえばいいのです。 そんな、夢のような手帳術が 「バレットジャーナル」なんです。 今回は、バレットジャーナルの始め方と バレットジャーナルにおすすめのノートを紹介します。
 
もう1冊の方眼ノートは、まだ使ってはいないのですが
日々のメモや雑記帳などに使おうかと考えています。
 
ブログのネタやふと思いついたことなど、
メモする習慣があれば、思いついたアイデアを忘れることはなさそうです。

数多くのノートの中でいちばんおすすめなのは、「方眼ノート」なんです! 今回は、方眼ノートがおすすめである理由や方眼ノートの使い方、 実際にどんなノートを使えば良いのかをご紹介します。
 
最後にクリアポケットですが、これも何を入れようか考えています。
 
 
こんなふうに、横から入れるタイプなので
手帳を傾けたときに、中に入れた物がバラバラとこぼれません。
 
チケットを入れるには少し小さいので、
急に頂いた名刺をとりあえず入れておいたり
お気に入りのポストカードなどを入れるのも良さそうですね。
 

市販のノートとも組み合わせられそう

 
A6サイズなので、市販のノートと組み合わせるのも良さそうですね。
 
たとえば、方眼ノートだったら
無印のノートのほうがお値段が安いので、
次はそちらを入れてみようと思います。
 
トップバリュの方眼ノートリフィルは32枚、
無印の方眼ノートは30枚と、そこまで枚数も変わりません。
 
ただ、買う場合はサイズが合うかどうか
しっかりと確認してからの方が良さそうですね。
 
スポンサー検索
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?
 
イオンは全国に店舗を展開しているので、
本記事でご紹介したカスタマイズノートも手に入れやすいと思います。
 
まだ自分に合う手帳が見つけられていない方、
今の手帳に使いづらさを感じている方は、
 
ぜひトップバリュのカスタマイズノートを使ってみてくださいね!
 
スポンサーリンク