【実際にやってみた】手帳会議とは?手帳会議のやり方とその効果

 
「手帳会議」って知っていますか?
 
手帳愛好家、「てちょらー」さんの中には、
この「手帳会議」が日課になっている方もたくさんいます。
 
今回は、手帳会議のやり方と、どのような効果が得られるのかについて
実際に手帳会議を行いながらご紹介します。
 
スポンサー検索
 
 
 

「手帳会議」とは?

「手帳会議」とは、手帳の使い方を考えるものです。
 
現在は何冊の手帳を持っていて、それぞれを何のために使っていて、
それはちゃんと運営できているか、など
手帳に関することをあれこれと考えるのです。
 
また、新しい手帳を使い始める際にも
まずは手帳会議を行うのが良いでしょう。
 

手帳会議を行う理由とその効果

 
人それぞれ手帳の使い方は異なります。
何冊持っているのか、どの手帳を使っているのか、
どんなことを書いているのか、などもまさに十人十色。
 
ひとりひとり使い方が違うということは、
手帳の使い方に正解はないということです。
 
しかし、正解がないからこそ使い方に迷いますよね。
 
この使い方で本当に良いのだろうか?
もっと他の使い方があるんじゃないだろうか?
 
それを考えていくことで、
あなたの手帳はもっともっと良くなるのです!
 
「手帳会議」は、
自分なりの正解を見つけるために行うものだと言えます。
「週間レフト」とは、左側がウィークリーページ、右側がノートになっているタイプです。 今回は、週間レフトタイプの手帳を活用する方法をご紹介します。 使い方に迷っている方、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!
最近は、ウィークリーページに時間軸が入っている「バーチカル」タイプの手帳が増えてきました。 「今回はバーチカルに挑戦してみたいけど、どう使えばいいのかわからない!」 そんなあなたのために、バーチカル手帳の効果的な使い方をご紹介します。
 

内容や行う時期は自由

 
手帳会議の時期についてですが、
 
自由です。
 
特に決まりはありません。
 
が、新しい手帳を使い始めるときや
1ヶ月ごと、1週間ごとなど、期間を決めて行なっている方も多いようです。
 
もちろん、「今すぐ手帳の使い方について考えたい!」という方は
今すぐに手帳会議を始めても良いのです。
 
そして、手帳会議の内容についてですが、
 
こちらも自由です。
 
「自由度が高すぎて、逆に何をすれば良いかわからない!」
という方のために、
 
ここからは実際に手帳会議を行いながら、
詳しいやり方を紹介していこうと思います。
 
スポンサーリンク
 
 

実際にやってみよう

それでは、実際に手帳会議を行ってみましょう。
 
ここで紹介しているのは自己流の方法ですので、
「必ずこのやり方で行わなければならない」というわけではありません。
 
参考程度にご覧頂ければ幸いです。
 

用意するもの

 
用意するものは、以下の通りです。
 
・今使っている手帳
・ペン
・議事録をとるためのノート
(これは手帳に書いても構いません)
 
まずは手帳ですね。
 
 
上から
 
マンスリーとして使っているA6のダイスキン、
バレットジャーナル兼日記として使っているMDノート、
1行日記として使っているセリアの368ページフリーノート、
ブログに関するあれこれを書き留めているA5のルーズリーフ
 
です。
 
あれこれと使ううちに4冊になってしまいました。
 
そして今回、「議事録をとるノート」は用意せず、
MDノートに書き込むことにしました。
 

まずは「現在の手帳運営」について考える

 
それぞれの手帳をどのように使っているのかというと、
 
・ダイスキン
  マンスリー。あとはメモ帳がわりにも使っている。
 
・MDノート
  バレットジャーナル兼日記。
  1ヶ月ごとにウィークリーのレイアウトを
  ホリゾンタルにしたりバーチカルにしたり、
  まだまだ使い方については模索中。
 
・368ページフリーノート
  1日1ページ、1日1行で使っているので
  1ページに約20年分の日記が書き込めるようになっている。
 
・A5のルーズリーフ
  テフレーヌに挟んで使用中。
  ブログに登録した際のIDとパスワードをメモしたり、
  どんなことを書こうかということをメモしてある。
 
こんな感じですね。
 
この中でいちばん使い始めが早いのはMDノートで、
2018年の11月から使っています。
 

現時点での問題点を書き出してみよう

 
日々手帳を使っていく中で、いろいろと生じるモヤモヤを
MDノートに書き出していきます。
 
あれこれと書き出してみて、こんな感じになりました。
 

まず、MDノートの使い方についてです。

 
日記を書いている以上、使い終わった後も手元に残しておきたいのですが
ページのほとんどがウィークリーページってどうなんだろう…?
と思ってしまいました。
 
バレットジャーナルとして使っていますし、
やるべきことをポンっと忘れてしまうタイプなので
タスク管理ができるようにはしておきたいのですが…
 
タスク管理のページのシンプルさと、
日記を書いてあるページの賑やかさとの
温度差というか、ギャップが気になってしまいました。
 

次に、最近使い始めたA5のルーズリーフがあまり上手く使えていません。

これは外に持ち出さず、卓上ノートとして使っているのですが
 
ブログはバイトの移動時間とかに書いているのでスマホのメモを使っているし、
アクセス数とかはネットで見られるし…
 
正直、今後どのように使っていこうか悩んでいます。
 

問題点を解決するためにはどのように手帳を使うべきか

 
今後どのように問題を解決するべきか、あれこれと考えた結果
こんな感じになりました。
 
 
まず、A5のルーズリーフについては
1週間ごとにブログ記事の振り返りを書いたり、
今後の目標を書くなどして使っていこうかなと思います。
 
そして、MDノートについては
タスク管理をノートに直接書き込むのではなく、
ふせんに書き込んでMDノートに貼り付けることにしました。
 
ふせんなら、不要になったらはがせるし、
わざわざ新しいノートを買わなくてもノートに貼り付けるだけで良いので
しばらくはこの方法で運営してみたいと思います。
 
 

まとめ

 
・手帳会議とは、手帳の使い方について考えるもの
・時期ややり方は自由
・手帳会議を行うことで、より良い手帳を作っていけるようになる
 
いかがでしたか?
 
手帳会議をすると、手帳の使い方を再確認できるのはもちろん
手帳に対する愛着もより一層持つことができます。
 
手帳の使い方に悩んでいる方は、
ぜひ手帳会議をしてみてくださいね!
 
スポンサーリンク