手帳に写真を貼って華やかに!コンビニのインデックスプリントを使ってみよう

 
「旅行に行って、たくさん写真を撮ったから
写真を手帳に貼ってみたい…!」
 
手帳好きなら、「手帳に写真を貼る」というのは憧れますよね。
SNSを見ても、手帳のあちこちに写真を貼っている方を見かけます。
 
あの写真、どうやって印刷しているのか気になったことはありませんか?
 
実は、コンビニで手軽にできる
「インデックスプリント」を利用しているんです。
 
今回は、インデックスプリントはどんなものなのか、
実際の印刷の方法などをご紹介します。
 
スポンサー検索
 
 
 

インデックスプリントとは?

 
インデックスプリントとは、コンビニのコピー機で
写真を印刷する際の、印刷方法のひとつです。
 
ファミリーマート・ローソンのコピー機で対応しているようです。
(2019年1月現在)
 
まるでインデックス(目次)として使うように、
A4用紙1枚に24〜40枚、写真用紙1枚に20〜40枚の写真を
並べて印刷できます。
 
詳しいプリント内容は以下の通り。
 
・L版…20枚
・2L版…40枚
・A4…24枚(6×4)、または40枚(8×5)
(参考:http://www.sharp.co.jp/multicopy/photo/)
 

手帳に写真を貼りたいときにぴったり

 
手帳は、写真を何枚も貼れるスペースがありません。
そのため、なるべく小さめのサイズで印刷したいですよね。
 
インデックスプリントなら、デイリーページだけでなく
ウィークリーページにも貼ることができます。
 
仕事に家事に育児に、大忙しの主婦の方は、毎日の予定やタスクを管理するのも大変です。 そんなときは、手帳を活用しましょう! スケジュール管理もタスク管理も簡単にできるようになる おすすめの手帳の使い方をご紹介します。
 
スポンサーリンク
 
 

インデックスプリントを使ってみよう!〜スマホ・タブレット編〜

 
ほとんどの方が、スマホやタブレットを使って
写真を撮っていると思います。
 
スマホの中に溜まりっぱなしになっている写真、
「インデックスプリント」を使って楽しく見返しましょう!
 

「ネットワークプリント」が便利

 
コンビニのコピー機を使って、スマホやタブレットから写真を印刷するときは、
「ネットワークプリント」という機能を使うと便利です。
 
ネットが通じる環境であれば、どこでも写真を選んで
コンビニのコピー機に送信することができます。
 
送信したあとは、コンビニでプリントするだけなので
とても簡単です!
 
それでは、詳しい使い方を見ていきましょう。
 

アプリをダウンロードして設定する

 
ネットワークプリントを利用するには、専用のアプリが必要です。
 
 
アプリストアで「ネットワークプリント」と検索し、
アプリをダウンロードしましょう。
 
ダウンロードが終わったら、アプリを開いて
「会員登録はこちら」をタップします。
 
すると、登録画面が開きますので、
ここから登録を進めていきます。
 
Facebookのアカウントを持っている方は、
「Facebook」のボタンをタップして簡単に登録できます。
 
アカウントを持っていない方は、「メールアドレスで登録」を
タップします。
どちらの場合も、「下記に同意する」にチェックを入れてくださいね。
 
ここでは、メールアドレスでの登録を例に進めていきます。
 
 
この画面に進んだら、
「メールアドレス」と「メールアドレス(確認用)」に
同じアドレスを入力してください。
 
入力したら、「送信」ボタンを押します。
 
「送信」ボタンを押すと、次のような画面に切り替わり
入力したメールアドレス宛にメールが届きます。
 
 
 
メールを開いたら、「以下のURLを~」URLをタップして
本登録画面に進みます。
 
 
 
iOSをお使いの方は、以下のような画面になるかもしれませんが
その場合は「開く」をタップしてください。
 
 
 
本登録画面に進んだら、ニックネームと
パスワード、確認用パスワードを入力します。
 
 
 
入力し終えたら、下にスクロールしてください。
このような選択画面が出てきます。
 
 
これは、コンビニのコピー機に送信した写真を印刷する際
コピー機にログインをする必要があるのですが、
 
そのときにユーザー番号のみでログインできるようにするか
ユーザー名とパスワード両方を使ってログインするか、という選択です。
 
どちらかお好きな方を選んでください。
 
選択したら、「次へ」をタップします。
 
 
「次へ」をタップすると、入力内容の確認画面になりますので
修正する場合は「内容を修正する」を、
問題なければ「次へ」をタップしてください。
 
 
 
すると、この画面に切り替わります。
画面上部の「戻る」をタップし、ログイン画面に戻ってください。
 
ログイン画面になったら、登録に使用したアドレスと、
先ほど設定したパスワードを使ってログインします。
 
ログインすると、このような画面になります。
各項目については、次の項以降で説明していきますね。
 
 
これで、ネットワークプリントの設定は完了しました!
次は、プリントしたい写真を選んでコピー機に送信します。
 

プリントしたい写真を送信する

 
まず、ホーム画面の「画像を登録する」をタップしてください。
 
 
iOSの場合はこのような注意が出てくるので、「許可する」をタップ。
すると、スマホのアルバムにアクセスできるようになります。
 
アルバムが開いたら、プリントしたい写真を選びましょう!
最大24枚まで選ぶことができます。
選んだら、「登録」をタップして、写真が送信されるのを待ちます。
 
 
送信が完了すると、このような画面に切り替わります。
「マイボックスへ戻る」をタップして、確認してみましょう。
 
先程選んだ写真が、ばっちり送信されていますね!
 
 
写真のステータスが「印刷できます」というマークに
変わっているのを確認したら、
コンビニへ向かいましょう!
 

コンビニでプリントする

 
ここからは、コンビニへ行ってマルチコピー機を操作しましょう。
コピー機の画面をタッチで起動し、「プリントサービス」を選択します。
 
 
 
画面が切り替わったら、「ネットワークプリント」を選択します。
 
 
 
ここで、「ネットワークプリント」アプリのホーム画面にある
「ユーザー番号」を確認し、入力します。
 
 
 
入力し終わると、↓このような画面になりますので、
「B5〜A3サイズで大きくプリント」の列にある
「インデックスプリント」を選びます。
 
 
「インデックスプリント」は、写真用紙に印刷する設定もあるので
間違えないように気をつけてくださいね!
 
「インデックスプリント」を選ぶと、
先ほど送信した写真が表示されます。
この中から、プリントしたい写真を選択します。
 
 
選んだら「次へ」をタッチします。
 
すると、印刷用紙の設定が出てくるので
好きな方を選んでください。
 
 
 
普通紙と光沢紙の違いは↓こんな感じです。
左側が普通紙、右側が光沢紙です。
 
 
光沢紙は少し厚めで、写真用紙のようにしっかりしています。
 
用紙を選んだら、次はプリントサイズです。
24枚、40枚から好きな方を選んでください。
 
24枚の方が、それぞれの写真サイズは大きくなります。
 
 
画面が切り替わったら、もう一度プリントする写真を選択します。
 
選択したあと、「次へ」をタッチすると印刷プレビューが出てくるので
確認をして、問題なければお金を入れてプリントしましょう。
 
これで、印刷完了です!
 
スポンサーリンク
 
 

インデックスプリントを使ってみよう!〜SDカード編〜

 
デジタルカメラや一眼レフカメラなどで撮影した場合、
SDカードに写真が記録されています。
 
SDカードを使う方法は、カードを差し込んで写真を選ぶだけなので
スマホから送信するよりも簡単です。
 
まずは、最初の画面から「写真サービス」を選択します。
画面が切り替わったら、「写真プリント」をタッチしてください。
 
 

SDカードをコピー機に差し込む

 
次に、写真を読み込む媒体を選択します。
今回はSDカードなので、「SD / mini SD / micro SD」を選択します。
 
 
すると、コピー機横のメディアカバーが開きますので
青く点滅している部分に SDカードを挿入します。
 
 

プリントしたい写真を選ぶ

 
「B5〜A3サイズで大きくプリント」の列にある
「インデックスプリント」を選びます。
 
 

プリントする

 
あとは、スマホ編を参考にしながら
画面の指示にそってプリントしてください。
 
これで完了です!
 
最後に、 SDカードの取り出しを忘れないでくださいね。
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?
 
インデックスプリントを使えば、
簡単に写真をプリントして手帳に貼ることができます。
 
スマホやカメラに眠っている写真をプリントして、
手帳にコメントとともに貼れば
手帳を見返すのも楽しくなりますよ!
 
ぜひ試してみてくださいね。
 
スポンサーリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする