私のMDノートの使い方!バレットジャーナル兼日記として

 
皆さん、こんにちは。
ひびきんぐです。
 
今日は珍しく、名前を名乗ってみました。
 
これには理由があります。
そう、私の愛用しているMDノートをご紹介するためです。
 
私は、MDノートの文庫本サイズを
バレットジャーナル兼日記として使っています。
 
今までいろんなノートを使いましたが、今のところ
これがいちばん自分に合っているのです。
 
スポンサー検索
 
 
 
 

MDノートってどんなノート?

 
私のバレットジャーナルを公開する前に、
「MDノートってなんだ?」という方もいると思いますので
まずはMDノートの説明からしていきます。
 
 
MDノートは、ミドリから発売されているノートです。
 
ミドリオリジナルのMD用紙を使っていて、
ほんのりクリーム色をした紙色と
ペンが引っかからないなめらかさを併せ持っています。
 

サイズが豊富

 
MDノートはサイズが豊富で、大きいものから順に
 
・A4変形版サイズ
・A5サイズ
・新書サイズ
・文庫サイズ
 
というラインアップ。
A4変形版を除くそれぞれのサイズに、
横罫・方眼罫・無罫・MDコットンというタイプが用意されています。
ちなみにA4は無罫のみです。
 
私は方眼ノートが好きなので、迷わず方眼系を選びました。
数多くのノートの中でいちばんおすすめなのは、「方眼ノート」なんです! 今回は、方眼ノートがおすすめである理由や方眼ノートの使い方、 実際にどんなノートを使えば良いのかをご紹介します。
 
サイズについてはA5と迷ったのですが、
持ち歩きやすいように文庫本サイズです。
 

少し変わった方眼罫

 
MDノートの方眼罫は少し変わっていて、
昔の原稿用紙みたいです。
 
 
ノートの四隅に余白があるのと、
方眼罫の上部分に少し隙間が空いているため、
そんなイメージなのです。
 
はじめは、この方眼タイプに少し戸惑いましたが
今ではそれに暖かみを感じていて、すごく好きです。
 

糸かがり製本で、パタンと開く

 
MDノートでいちばん嬉しかったのがこれ!
 
どのページを開いても、パタンとフラットに開いてくれるんです。
 
ノートを使うとき、表紙を開くと
表紙にノートの中紙がノド(真ん中の部分)にしっかりくっついていて、
ちょっと最初のページだけズレていることがありませんか?
 
私はそれにすごくモヤモヤしてて、
「どうにかならないものかな」とずっと思っていました。
最初の1ページだけなんですけどね。
 
でも、たかが最初の1ページ、されど最初の1ページ。
モヤモヤがなくなるなら、そのほうが良いのです。
 
MDノートは、一般的なノートとは違い
「表紙をつける」という工程がなく、
そのためにパタンと開きやすくなっているのです。
 
この開き心地、体感したら他のノートに戻れません。
 

シンプルで使いやすいノート

 
先程、「MDノートには表紙がない」と説明しましたが
そのために、背表紙につけられている
「寒冷紗(製本テープのようなもの)」がむき出しになっています。
 
それほどシンプルなノートなんです。
 
シンプルなのでその分余計なものがなく、
どんな方にも使いやすいノートになっています。
 
 
スポンサーリンク
 
 

私のバレットジャーナル

 
私は、先述のようにこのMDノートを
バレットジャーナル兼日記として使っています。
 
 
MDノート純正のノートカバーをつけて、
某コスメショップでもらった袋を挟んでいます。
 
文庫本サイズなので、カバンにもスッと入りますし
どこでも広げられるので、とても気に入っています。
 
ノートカバーにはペンホルダーがついているので、
エナージェルのブルーブラック0.4をセットしています。
(この色は限定色らしく、替え芯がお店に売っていないので
近々ネットショップで買う予定です)
 
2019/1/29 追記
バレットジャーナルの使い方が変わりました!
詳しくはこちらからどうぞ↓
 
前回の手帳会議で、今までバレットジャーナル として使っていた MDノートの使い方がちょっぴり変わりました。 私のMDノートに名前をつけるとしたら、そう、「なんでもノート」なのです。 今回は、「なんでもノート」がどんなものなのか 詳しく解説していきたいと思います。
 
 

タスク管理はふせんで

 
日記を書く余裕のない日が続くと、
タスク管理のページだらけになってつまらなかったので
 
タスク管理はふせんで行うことにしました。
 
ふせんに、その日の予定やタスクを書き込み
ノートに貼り付けます。
 
 
その日のタスクを終えて、ふせんを剥がせば
ノートに残るのは日記のページだけとなるので、見返すのが楽しくなりました。
 
ちなみに、私のキーはこんな感じです。
 
 

日記は気が向いたときだけ

 
肝心の日記ですが、
時間のあるとき・気が向いたときだけ書いています。
 
無理に毎日続けようとすると、それがプレッシャーとなり
逆に続かなくなってしまうことに気づいたからです。
 
このノートを使い始めたのは、
ちょうど大学の卒論が忙しくなるときだったので
平気で2週間以上書かないこともありました。
 
最近は卒論も落ち着いたので、
ゆっくり日記が書けるようになってきました。
 

チケットを貼ったりプリクラを貼ったり

 
 
 
旅行やイベントに行ったときや友達とプリクラを撮ったときは
それをノートに貼っています。
あとはスタンプラリーのスタンプを記念に押したりとか。
 
レイアウトとかはあまり考えず、
適当にペタペタと貼っています。
 
楽しかったことを忘れないように、しっかりと思い出せるように
貼り付けておきたいものはすぐノートカバーに挟み、
帰ったら貼るようにしています。
 

バレットジャーナルだけど目次はつけていない

 
バレットジャーナル、ということですが
主に日記がメインなので目次はつけていません。
 
前のノートを使っていた頃は
丁寧にページ数をつけたりしていましたが、
 
マメの「マ」の字もない私にとっては
それもバレットジャーナルが続かなくなる原因だとわかって、
やめました。
 

それまではルーズリーフを使っていた

 
皆様、こんにちは。 当ブログ「OH! My Note~暮らしを豊かにする手帳術~」の管理人、 「ひびきんぐ」と申します。 ひつまぶしと...
 
↑こちらのページを読んでいただいた方はご存知だと思うのですが
 
それまでは、A5の「無印の裏うつりしないルーズリーフ」を
テフレーヌというバインダーに挟み、
それをバレットジャーナルにしていました。
 
が、私のカバンはお世辞にも大きいとは言えないサイズで
A5サイズのバインダーを入れると結構パンパン。
 
結果、バインダーだけでなく財布なども取り出しにくくなり
A5のバレットジャーナルはお蔵入りになってしまいました。
 
ちなみに、このルーズリーフ とテフレーヌはいまだに使っていて
ブログに関することを書き込んでいます。
そっと家でお留守番しています。
 

MDノートとの出会い

 
テフレーヌの件もあり、しばらくバレットジャーナルから離れていましたが
10月になり、マンスリーとして使っている手帳が
ラストページに近づいてきました。
 
「やっぱりバレットジャーナルを続けたい!
何かいい方法はないか?」
 
と、ロフトを見に行きました。
そこで出会ったのがMDノートだったんです。
 
「文庫本サイズならいけるかも!」と踏んだ私は
さっそくそれを手に取ったのでした。
 
結果として、微妙に使い方を変えて試行錯誤しつつも
なんとか今まで続いています。
 
ノートの半分あたりが見え始めたので、
なんだかそれでけでも感慨深いです。
 
 

まとめ

 
私はMDノートを、バレットジャーナルとして使っていますが
もちろんアイデアノートとして使ったり、
デイリーログをとったりしても良いと思います。
 
こだわってつくられたシンプルなノートなので
「大切にしたい」という思いが強くなりますね。
 
MDノートを検討している人にとって、この記事が参考になれば幸いです。
 
 
↓本記事でご紹介したMDノートはこちら↓
 
 
スポンサーリンク