新・私のMDノートの使い方。手帳でもなく、バレットジャーナルでもなく…

 
スポンサー検索
 
こんにちは。ひびきんぐです。
 
前回の手帳会議で、今までバレットジャーナル として使っていた
MDノートの使い方がちょっぴり変わりました。
 
私は、MDノートの文庫本サイズをバレットジャーナル兼日記として使っています。 今までいろんなノートを使いましたが、今のところこれがいちばん自分に合っているのです。 今回は、私がどのようにMDノートを活用しているのかを実際の写真とともにご紹介します。
 
以前までは、MDノートでタスク管理も行っていたのですが
タスク管理をウィークリー手帳で行うことになったため、
 
MDノートは「バレットジャーナル兼日記」から
「日記」へと変わりました。
 
でも最近、「日記」というのもなんだか違う気がしています。
私のMDノートに名前をつけるとしたら、
 
そう、「なんでもノート」なのです。
 
今回は、「なんでもノート」がどんなものなのか
詳しく解説していきたいと思います。
 
 
スポンサーリンク
 
 

「なんでもノート」とは文字通り、「なんでも」書くノート

 
さて、「なんでもノートとは何か?」ということなんですけれども
文字通り、「なんでも書くノート」です。
 
それでは、「なんでも」とか具体的にどんなことなのかを
解説していきます。
 

日記として

 
私のMDノートは、ほとんどが日記メインです。
どんなことがあってどんなことを感じたのか、
そんなことをつらつらと書いています。
 
 
1ページで収まることもあれば、
2〜3ページにまたがることもあります。
 
また、この日記は毎日書いているわけではありません。
毎日書いている日記は、セリアの368ノートに書いている
1行日記のみです。
 
すごくズボラかつ面倒臭がりな性格なので、
1日1ページを毎日続けられないんですよね…
 
なので、「書きたいときに書きたいことを書きたいだけ書く」という
のんびりスタンスで日記を書いています。
 

アイデアノートとして

 
日記ではなく、その日考えたことを書き出すこともあります。
 
生活に関することだったり、お金のことだったり、
内容は様々です。
 
こちらも、1日1ページと決めているわけではなく
書きたいことがあったときに書きたいだけ書いています。
 

映画ノートとして

 
映画を見に行ったら、チケットとともに
映画のあらすじや見どころ、感想を書くようにしています。
 
映画を見終わった後の興奮冷めやらぬうちに書くと
思いっきり書けるのでおすすめです。
 
こちらは、先日映画を見に行った後に書いたものです。
 
 
 
現在公開中の映画なので内容は伏せますが、
このように大まかなあらすじや感想を書いておくと
あとから見返したときに、映画の内容を鮮明に思い出せます。
 

トラベルノートとして

 
旅行に行ったときに、撮った写真と一緒に
思い出を記しています。
 
 
撮った写真は、インデックスプリントでプリントアウトして
ペタペタ貼っています。
 
観光した施設の入館チケットを貼ったり、
スタンプラリーのスタンプを押したりして
旅の思い出を残しています。
 
スポンサーリンク
 
 

バレットジャーナルとの違い 

 
前までは、このMDノートを
バレットジャーナル(もどき)として使っていました。
 
もともとマンスリーページは作っていないし、
目次も作っていなかったので、バレットジャーナル「もどき」でしたが…。
 
しかし、そのMDノートは今、バレットジャーナルではありません。
 
「バレットジャーナルの要素」がなくなってしまったからです。
なんだか寂しいですね。
 
では、「バレットジャーナルの要素」とは何なのでしょうか?
 
「自分にぴったりの手帳が見つからない!」 そんなお悩みを抱えてしまった方、いませんか? 自分にぴったりの手帳が見つからないのなら、 自分にぴったりな手帳を作ってしまえばいいのです。 そんな、夢のような手帳術が 「バレットジャーナル」なんです。 今回は、バレットジャーナルの始め方と バレットジャーナルにおすすめのノートを紹介します。
 

タスクやスケジュールの管理をしない

 
タスク管理は、市販の手帳で行っていますので
以前までふせんで行っていたタスク管理をしなくなりました。
 
また、スケジュール管理も同じく市販の手帳で行っています。
 
タスクの管理とスケジュールの管理、
これはバレットジャーナル のメインとも言える要素ですね。
 
メインの要素を失ったので、
バレットジャーナル「もどき」ですらなくなりました。
 
 

雑記帳との違い

 
「なんでも書くノート」というと「雑記帳」を思い浮かべる方も多いと思いますが、
私の「なんでもノート」は雑記帳とは少し違います。
 

メモは書かない

 
雑記帳は、日々のメモからアイデアまで、あれこれと書いていくノートです。
その点、「なんでもノート」と言い換えることもできそうですよね。
 
しかし、私の「なんでもノート」にはメモを書きません。
詳しくは次の項目で解説しますが、
このMDノートは「丁寧に書く」というルールで使っています。
 
あちらこちらにメモが雑然と散らばるのが好きではないので、
このノートにはメモを書かないのです。
 

1ページ1ページを丁寧に、大切に書く

 
MDノートは、1ページを大切にすることを目標にしています。
だから、殴り書きはしないし、考えがまとまってから書く。
 
ずーーーっと保存したいものだから、愛着を持てるように使っています。
 
 
スポンサー検索
 
 

まとめ〜「なんでもノート」に正解はない〜

 
私の場合は、丁寧に大切に使っていますが
「なんでもノート」の使い方に正解はありません。
 
思いつくままにメモを書き殴っても良し、何十ページにもわたって
壮大な小説を書いても良し、イラストを描いても良しなのです。
 
みなさんも、ぜひ自分なりの使い方で
「なんでもノート」を作ってみてくださいね!
 
スポンサーリンク