主婦におすすめの手帳の書き方を紹介! 家事、育児、仕事を手帳で両立しよう

 
朝早く起きて子供たちのお弁当を作って、掃除や洗濯をこなし、
やっとのことで自分の身だしなみを整えて仕事に向かう…
 
そんな忙しい毎日を過ごしていると、
 
「あっ、洗剤を買うの忘れた! 昨日は覚えてたのに…」
「子供たちのクラス懇談っていつだっけ?」
 
と、予定やタスクを管理しきれなくなることがあります。
 
そんなときは、手帳を活用しましょう!
 
手帳を使うことで、スケジュール管理もタスク管理も簡単にできるようになるので
心に余裕を持って日々を送ることができます。
 
スポンサー検索
 
 
 

主婦におすすめなのはメモページが多い手帳!

家事に育児に仕事と、忙しい毎日を過ごす主婦にとって、
手帳は「第2の脳」の役割を果たすものになります。
自分の脳で管理しきれないことは、手帳に管理してもらいましょう。
 
メモをとったり、タスクを管理したりする必要があるので
メモページが多い手帳を選ぶと良いです。
 

おすすめは週間レフトか1日1ページタイプ

 
ほとんどの手帳には、巻末にメモページがついていますが
巻末にあるページは見落としがちになることが多いので、
週間レフトや1日1ページのデイリータイプがおすすめです。
 
これなら、1週間ごとや1日ごとのメモを取っておけるので
終了したタスクはどれか、終了していないタスクはどれかが
管理しやすくなります。
「週間レフト」とは、左側がウィークリーページ、右側がノートになっているタイプです。 今回は、週間レフトタイプの手帳を活用する方法をご紹介します。 使い方に迷っている方、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!
 

とりあえず書いておきたいことはメモページに書く

 
「近々やらなきゃいけないけど、明確に日付が決まってるわけではない」
という予定、結構ありますよね。
特に主婦の方は、自分の予定と家族の予定の両方を
把握したいという方が多いと思いますので、
把握する予定が増える分、未確定な予定が多いと困ってしまいます。
 
そういうときこそ、メモページの出番です。
 
週間レフトの見開き右側にあるノートページを使ったり、
デイリータイプであればその日のページの空いているところに
メモをしていきます。
 
書いておいたメモが、他の欄に書き写すなどして役目を終えた場合は
メモの方に取り消し線を引くなどして消しておきましょう。
 

1日に1回は手帳と向き合う時間を作る

 
せっかくメモをしても、定期的に手帳を見返さないと忘れてしまいます。
1日に1回は、手帳を見返すようにしましょう。
 
マンスリーだけではなく、
ウィークリーページがついているものだったら見開き1週間分、
デイリータイプだったらパラパラとめくって1週間分を
見直すようにすると良いです。
 
こうすることで、
「あっ、この件についてやらなきゃいけないの忘れてた」
と、忘れていた場合も思い出すことができます。
 
スポンサーリンク
 
 

マンスリーやウィークリーはこうやって使う!

それでは、具体的にどのような使い方をすれば良いのかをご紹介します。
マンスリー使いの方にも、ウィークリー使いの方にもおすすめな
活用術ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

自分の予定と家族の予定を分けて書く

 
「自分の予定も家族の予定も1冊の手帳で管理したい!」という方は
予定を書き込む欄に線を引くなどして分割して、
 
家族それぞれの予定を分けて書いてしまいましょう。
 
予定を書き込むだけでなく、家族それぞれのTo Doリストを作るのもおすすめです。
 
この「午前・午後で使い分ける」「仕事とプライベートで使い分ける」
という使い方は、当ブログでも何度か紹介してきました。
リンクを貼っておきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
今年はウィークリーページがついた手帳にしちゃった! どうやって使っていこうかな? ワクワク… シールやペンでデコレーションして、素敵...
 
 
また、「分割すると書く欄が狭くなるから嫌」という方は
色ペンを使うなどして、色分けをして書いてみてください。
 
「自分の予定は赤、夫の予定は青、子どもの予定は黄色」など
色分けをするだけで、グッと見やすくなりますよ。
 

マンスリーは2段に分かれているタイプが便利

 
最近は、月間ブロックが上下2段に分かれているものもあります。
 
このタイプは、「自分の予定と家族の予定で分ける」
という使い方もできるので大変便利です。
 
 

手帳は買うけど白紙が多いという方には

 
「手帳を持ってはいるけど空白ページが多く、むしろ持て余している」
という方は、子どもの成長記録や日々のレシピを
書き込んでいくのもおすすめです。
 
スマホやカメラに入っている写真をプリントして貼ったり、
絵を描くのが好きな方はイラストを描いてみたりして、
かわいい手帳を作ってみましょう。
 

子どもの成長を記録する

 
学芸会や運動会などの学校行事があったり、遊園地に行ったりと
子どもの写真を撮る機会は多いと思います。
 
でも、その写真、スマホの中に入れっぱなしになっていませんか?
 
せっかくですから、プリントして手帳に貼ってみましょう。
それだけで、どこにでもある手帳が特別なものになりますし
子供が大きくなったときに一緒に見て楽しむこともできますよ。
 
また、写真を貼るだけではなく
そのときどんな気持ちだったかも書いておくと、
後から見返したときにその気持ちを思い出すことができます。
 

自分だけのレシピ集を作る

 
市販のレシピに載っている料理を作るときでも、
味付けの好みやアレルギーの有無などによって
材料や調味料の分量が微妙に変わってきますよね。
 
また、余った食材で適当に作ったものが
意外や意外、家族に大好評! なんてこともあります。
 
「あのときどうやって作ったんだっけ?」とならないためにも
「自己流レシピ」を記録しておくのがおすすめです。
 
 

まとめ

 
*主婦におすすめなのはメモページが多い手帳!
*週間レフトか1日1ページタイプが便利
*1日に1回は手帳と向き合う時間を作ろう
*自分の予定と家族の予定は分けて書くと管理しやすい
*子どもの成長記録やレシピのメモをとるのもおすすめ
 
いかがでしたか?
 
毎日忙しい主婦の方には、手帳が必須の存在だと言えます。
余裕のある生活を送るためにも、
ぜひ手帳を活用してみてくださいね!
 
スポンサーリンク