学生だけど?いいえ、「学生だからこそ」手帳をおすすめする3つの理由

 
スポンサー検索
 
早いもので、もう4月も半ばに突入しようとしています。
学生の皆さん、そろそろ新しいクラスには慣れましたか?
 
また、この春から高校生、大学生になった方の中には、
 
「そろそろ手帳を使ってみたいけど、学生のうちはまだ早いかな?」
 
とお悩みの方もいるのではないでしょうか。
 
しかし!
 
手帳を持ち始めるのは学生のうちがいちばん良いのですよ!
 
というわけで今回は、
学生に手帳をおすすめする3つの理由をご紹介します。
 
 
スポンサーリンク
 
 

おすすめな理由①スケジュール管理能力が身につく

 
手帳の主な役割は、「スケジュールを管理すること」です。
 
手帳を持たず、頭の中でスケジュール管理が完璧にできる人は
めったにいません。
 
実際、手帳に大切なスケジュールを書き忘れていて
ダブルブッキングをしてしまった…という経験も、
筆者は何度も経験してきました。
 

社会人になる前に身につけておくべき能力のひとつ

 
スケジュール管理能力をつけておくということは、
社会に出る上でとても重要になってきます。
 
スケジュールをしっかり管理できる人は、
それだけで周りの信用も得ることができるのです。
 
就職をしたり、アルバイトを始めるとなると
晴れて社会人の仲間入りとなります。
 
仕事の内容にもよりますが、
仕事をするためには周りの人との信頼関係がとても大切です。
 
たとえば、営業の仕事をしていたとして
A社とB社のアポの予定が被ってしまった…
 
こうなると、契約が取れないだけでなく
その会社と今後一切の関わりを断られてしまうかもしれません。
 
また、とある案件の締め切りを忘れていて
周りの人の力も借りて残業…
 
こうなってしまえば、周りの信用もガタ落ちです。
 
社会人には、「ダブルブッキングをしない」「締め切りを守る」といったことが
学生時代以上に求められることになります。
 
しっかりと学生のうちに、スケジュール管理能力を身につけておきましょう。

学生の方は、授業に部活、テスト、アルバイトと、たくさんのスケジュールをこなすことが多いですよね。 そんな多忙な毎日を充実して過ごすためには、どのように手帳を使えば良いのでしょうか? 学生の方におすすめの手帳活用術をご紹介します。
 

勉強と趣味の両立につながる

 
スケジュール管理能力が身につくと、
学校の勉強と趣味との両立ができるようになります。
 
毎日毎日、勉強や部活で疲れてしまう…
そんな学校生活の中で、趣味は大切な存在です。
 
「数学の課題が○日までだから、
明日のうちに終わらせちゃおう!」
 
「この課題を明日終わらせれば、今度の休日は趣味に没頭できる!」
 
といったように、しっかりスケジュールどおりに進めて
勉強と趣味を両立してしまいましょう!
 
スポンサーリンク
 
 

おすすめな理由②計画的に勉強ができる

 
先ほど説明した、
「スケジュール管理能力を身につける」というお話と関連しているのですが、
 
手帳を活用すると、計画を上手に立てられるようになります。
 
決められたスケジュールをもとに、
計画を立てて行動するのは
勉強においても趣味においても同じこと。
 
スケジュールどおりに事を進めるために、
しっかりと計画を立てていきましょう。
 

自分で計画を立てるという行為そのものが大切

 
はじめは、うまく計画を立てるのにいっぱいいっぱいかもしれません。
 
「なんとか計画を立てたはいいものの、
なかなか予定どおりに進まない…!」
 
それでも大丈夫です。
 
「計画を立てる」という行為を何回も繰り返すうちに、
だんだん慣れてきます。
 
どのようにしたら無理なく進められるのか、
自分でもわかってくるはずです。
 
なので、はじめのうちは大変かもしれませんが
テスト対策や課題の締め切りなど、
いろいろな場面で計画を立ててみましょう。

皆さんは、計画を立てて勉強をしていますか? 受験やテストなど、膨大な量の勉強をこなすには計画を立てることがとても大切となります。 その計画を立てるために、皆さんは普段どうしていますか? 実は、1冊のノートが、勉強計画を立てるのにとても便利なのです! というわけで、今回は 「勉強計画ノート」の作り方をご紹介していきます。
 

受験勉強にも役に立つ

 
中学・高校1〜2年の頃は、
主な勉強計画といえば定期テストですが
 
3年生になると、受験という大きな壁が立ちはだかります。
 
定期テストの計画は、長くても2週間程度ととても短期的ですが、
それに比べて受験勉強は、およそ1年にも及ぶ長期的なものです。
 
1〜2年生のうちから、しっかりと計画を立てる癖をつけておくことで
受験勉強にも役に立つのです。
 
スポンサーリンク
 
 

おすすめな理由③手帳を見返すのが楽しくなる

 
1年間使い続け、びっしりと書き込まれた手帳は
それだけでかなり価値のあるものになります。
 
手帳を使い終わったときに見返してみると、
「こんな1年だったんだなぁ」と思い返すことができ、
ついつい、1年間書いたことをじっくりと読んでしまうほどです。
 

友達との思い出も残せる

 
友達と遊ぶ予定を入れるとき、
ちょっと目立つようにして手帳に書く方もいると思います。
 
また、その日撮った写真やプリクラを貼ったり、
ウィークリーページに日記を残している方もいるかもしれませんね。
 
もし、「ウィークリーページに空欄ができるのが気になる…」という方は
日記をつけたり、写真を貼ったりするなど
日々の思い出を残していくと良いですよ。
 
人間の脳は、古い記憶から忘れてしまうものなので
楽しかった思い出を、その日のうちに
ありのままの気持ちで書き出してみましょう。
 
「今年はこの人とよく遊んだな」
 
「夏の旅行楽しかったな」
 
など、手帳を読み返したときに
そのときのことをハッキリと思い出すことができます。
 

テストや受験本番、自信につながる

 
また、テスト直前や受験本番の日、
勉強計画を書き込んできた自分の手帳を見返してみましょう。
 
みっちりと勉強してきた、ということが目に見えるので
自信につながりますよ。
 
テスト、受験などの試験というものは、精神状態が大きく影響します。
 
実際、筆者もセンター試験で緊張してしまい
得意なはずの生物がいつもより解けませんでした。
 
今まで勉強してきた成果を発揮するためにも、
試験前には自信を持って臨みましょう!
 
そのときに、あなたの手帳がきっと役に立つはずです。
ぜひ、お守りがわりに持って行ってくださいね。
 
スポンサー検索
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?
 
学生の皆さん、ぜひ手帳を使ってみてください!
 
「持ち運ぶのが面倒」という方は
紙の手帳じゃなくて、スマホのアプリで管理しても良いと思います。
 
学生のうちに手帳を使いこなして、
素敵な大人になりましょう!
 
スポンサーリンク