システミックのおすすめ活用術はこれだ!ノートに手帳、自由自在な使い方

 
私は2年ほど前、授業用ノートとバレットジャーナルのノートを
セットで持ち歩くために、とあるノートカバーを買いました。
 
コクヨの「システミック」です。
 
 
このようなノートカバーを使うのは初めてで
うまく使いこなせるのか不安でしたが、
 
結局ノートカバーは買い換えたりせず
 
ずーーーーーーーーーっとシステミックを使っています。
 
使えば使うほど、便利な使い方がわかるノートカバーなので
今回は、日々使っていく中で発見した
 
システミックの賢い使い方
 
を、ご紹介していきたいと思います。
 
春から大学生の皆さん! 大学で使うノート、もう決めましたか? 効果的に勉強を進めるためにも、ノート選びは慎重に行いたいですよね。 今回は、大学生におすすめの 「コクヨ ソフトリングノート」 をご紹介します!

スポンサー検索
 
 
 
 

「システミック」とは?

 
システミックは、ノートを最大2冊入れられるノートカバーです。
1冊だけ入れてもいいし、2冊まとめて持ち歩くのにも適しています。
 
ペンホルダーだけでなく、たくさんのポケットがついていますので
名刺を入れたり、メモ帳を入れたり、使い方は様々。
 
「これさえあれば授業が受けられる!」
「これさえあれば会議に出られる!」
 
そんなノートカバーです。
 

コクヨを代表するノートカバー

 
システミックは、コクヨを代表するノートカバーだと言っても良いでしょう。
Amazonでは、どのタイプのシステミックも
それぞれ300件以上のレビューを獲得しています。
 
ちなみに、システミック以外のノートカバーだと
キャンパスカバーノートがあります。
こちらは、主に学生をターゲットとしたノートカバーで
授業プリントをしっかり挟めるようになっています。
 

色々な形、サイズがある

 
システミックには、色やサイズだけではなく
様々なタイプが展開されています。
 
・ベーシック…通常タイプ。ノートを2冊挟むことができる
・リングノート…三つ折り設計で、リングノートを折り返して使うことができる
・アクティブ…手のひらに収まる、コンパクトなA7サイズ
・リングメモ… リングメモを複数挟める、唯一の縦開きタイプ
 
これにより、幅広い層のユーザーに人気を博しています。
 

私が使っているのはA5のリングノート用

 
ここで、私が使っているシステミックについてご紹介します。
 
私が使っているのは、A5のリングノート用。
そして、いちばん新しい「合皮タイプ」。
 
 
通常のリンクやノート用とは違い、上の部分が合皮でできているので
ビジネスシーンにもぴったり。
ワンランク上のノートを演出することができます。
 
 
 

綴じノート用とリングノート用の違い

 
綴じノート用は、パタンと開くだけなのですが
リングノート用は、ノートが折り返せるようになっているんです!
 
 
さらに、Z型に折りたたむことができるので、机の上がスッキリ!
 
 
授業や会議で、たくさんの資料を机に広げたいという方に
とってもおすすめです。
 
 
 

実際に使ってみよう! おすすめの組み合わせ

 
それでは、ここからはシステミックの活用術をご紹介します。
学生の方にも、ビジネスパーソンにも、主婦の方にもおすすめできる
活用術ばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。
 

ノート+ノート

 
オーソドックスに、ノートを2冊入れてみましょう。
 
授業ノートと復習用ノート、
メモ用ノートとアイデアノートなど、
どんな組み合わせでも構いません。
 
普段、カバンに別々に入れているノートをまとめるだけで
より使いやすくなります。
 
また、別のノートの情報を参照する際にも簡単で
作業効率大幅アップ!
 

手帳+ノート

 
片方に手帳、片方にノートを入れてみましょう。
 
「マンスリー手帳は使っているけど
ウィークリー、デイリーはバレットジャーナルで管理している」
 
という方に、特におすすめの使い方です。
 
また、ノートにメモしたことを手帳に書き写したり
手帳に書いた予定をノートに詳しく書きたいときにもおすすめです。
 

メモパッド+ノート

 
メモパッドやレポートパットを、ノートと一緒に入れてみましょう。
 
毎日色々なメモを書き、それを残さずに捨てる、という方におすすめです。
システミックを開けば、常に真っ白なメモページがあるので
サッとメモをすることができます。
 
また、こちらはリングノートタイプ限定の使い方なのですが
たとえば、大学のレポートを手書きで書く際に
ノートを見ながら書くことができます。
 

無印のスライダーポケット+ノート

 
無印良品の「スケジュールノート用スライダーポケット」を、
システミックに挟んでみましょう。
 
 
 
このスライダーポケットは、ちょっとした資料や名刺を入れたり
切符、チケットを入れておくのにもぴったりです。
 
 
ノートカバーに差し込めるようになっていて、A5サイズとB6サイズがあります。
 
実は、私もこの使い方をしています。
 
 
キングジムのテフレーヌをリングノートとしてはさみ、
左側に無印のスライダーポケットを入れています。
 
実はルーズリーフって、手帳を作るのにぴったりなんです! 「市販の手帳じゃ満足できない!」 「失敗したページを残したくない…」 そんな方におすすめの、A5の方眼ルーズリーフで手帳を作る方法をご紹介します!
 
そろそろチケットなどが溜まってきたので
別の場所に保管しようと思っているのですが、
旅先でいろんなものを入れられたのですごく便利でした。
 
スポンサーリンク
 
 

ポケットには何を入れる?

 
システミックには、外側に1つ、内側に5つのポケットがついています。
ここに何を入れるのか、けっこう迷いますよね。
 
ここでは、そんな方のために
「システミックに入れておくと便利なアイテム」を紹介します。
 

ふせんを入れる

 
名刺サイズのフィルムふせんは名刺サイズのポケットに、
サイズの大きなものは内側の大きなポケットに入れると良いでしょう。
 
何度も出し入れしていると、紙製のふせんはボロボロになってくるので
クリアファイルをシステミックに入るようにカットし、
その中にふせんを入れると、綺麗に保てます。
 

ペンをあれこれ差す

 
ペンホルダーは1つしかないので、そこには1本しか差せませんが
外ポケットにペンをあれこれ差すことができます。
 
クリップがついているペンだと、クリップ部分を
ポケットに引っかけられるので、逆さにしても落ちにくくなります。
 

メモ帳を入れる

 
メモ帳を持ちたい方は、外ポケットに入れるのがおすすめです。
手帳を開かなくてもサッと取り出せます。
 
リングがついているものだと、リングの厚みで
システミックがボコボコしてしまうので、
小さなノートなどが良いでしょう。
 

名刺のストックを入れる

 
名刺サイズのポケットに、名刺を入れてしまいましょう。
 
「大事な打ち合わせなのに、名刺ケースが空っぽ!」
 
そんな万が一の場合に備えて、
別の場所に名刺のストックは持っておくと良いですよ。
 
また、相手の名刺をいただいた場合も
とりあえず入れておけるので便利です。
 

レターセットやメッセージカードを入れる

 
何か一言、相手にメッセージを伝えたいことってありますよね。
 
借りていたものを返すとき、お土産を渡すとき、ちょっとした伝言など
メモ帳やふせんに書いても良いのですが、なんとなく味気ない…
 
かわいいメッセージカードやレターセットをポケットに入れておくと
急に必要になったときにも取り出せます。
 

ビニールパウチを入れる

 
「ビニールパウチ」とは、チャックがついていて
密閉できるビニール袋のことです。
 
小銭やシール、その他小物を入れるときに大変便利なのですが、
すぐに欲しいときに限って持っていないものですよね。
 
システミックのポケットに入れておけば、
急な集金にも対応できてしまいます。
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?
 
システミックは、ノートだけではなく
身の回りの小物まで収納でき、持ち歩くことができます。
 
システミックを賢く使って、
テキパキと仕事をこなしてしまいましょう!
 
 
↓本記事でご紹介したシステミックはこちら↓
 
 
 
スポンサーリンク