【高橋編】1ヶ月間の手帳ガチレビューの結果は?【総評】

スポンサー検索
 
1/14から行なっていた「高橋の手帳ガチレビュー企画」が、
本日2/13で終了となります。
 
というわけで、
今回は1ヶ月間の総レビューをしていきたいと思います!
 
↓企画概要はこちら
 
これから先、4月始まりの手帳が出始めるわけですが 新しい手帳をなににしようか考えている人もいるのではないでしょうか? 「4月から手帳を変えるけど、新しい手帳はどれにしよう?」 という方のためにも、今回は手帳ガチレビュー企画を行います! ※随時追記していきます。
 
最後にはまとめと総評を行なっていきますので、
「総評だけ見たい!」という方は
以下の目次からジャンプしてくださいね。
 
 
スポンサーリンク
 
 

使い心地

 
このレビュー企画に使用していたのは、
 
「高橋 ニューダイアリー カジュアル3」
 
という手帳で、週間バーチカルになっています。
 
 
まずは全体的な使い心地からご紹介していきます。
薄い中紙や太めのペン差しなど、
使いやすさがとことん追求されたデザインだったように思います。
 

中紙が薄めなのでかさばらない

 
初めてこの手帳を開いてみてビックリしたのですが
中紙がとても薄いのです!
 
かといって、書きにくかったり破れやすかったりといったこともなく
フリクションで文字を消しても、しっかりと摩擦に耐えてくれました。
 
マンスリー+ウィークリーの手帳は、
ページ数が多いため厚くなりやすいのですが
 
カバンに入れて持ち歩いても、
そこまで気にならない厚さでした!
 

クッキリ印刷で書きやすい

 
マンスリーもウィークリーも、クッキリと印刷されていて
とても見やすかったです。
 
また、フリクションのゴムでこすっても
印刷がヨレることはなく、
書き間違えの多い私には嬉しかったです。
 

書いた文字が裏抜けしにくい

 
文字の裏抜けも、あまり気にならない印象でした。
 
蛍光ペンなどで書いても染みたりせず、
気を遣わずに書き込めました。
 
 
↑こちらは2週目のレイアウトなのですが、
裏に書いた文字がうっすらと見える程度で、インクが染みたりはしていないのが
おわかりいただけるかと思います。
 

ペン差しが太め

 
手帳カバーには、ペン差しが付いているのですが
ペン差しが少々太めだと感じました。
 
多色ボールペンや蛍光ペンなども差しやすいですね!
 
ちなみに私はフリクションスリムを使っているので
うまく差せず、ペンはカバンに入れて持ち歩いていました…
 
スポンサーリンク
 
 

マンスリーページ

 
次はマンスリーページのレビューです!
この手帳は、カレンダーのような月間ブロックタイプでした。
 
 

上下2段に分かれている

 
高橋の手帳は、月間ブロックが上下2段に分かれています。
これにより、上段と下段とで書き分けることができます。
 
「午前の予定と、午後の予定」「学校の予定と、プライベート」など
分け方はいろいろありますが、
 
私は「学校・バイトの予定と、プライベートの予定」
というように分けていました。
 

月間ブロックの横に月間リスト

 
見開きで月間ブロックになっているのですが、
左ページの端に月間リストがついています!
 
日付のないメモ欄などがついているのはよく見かけますが、
月間リストがついているのは珍しいですね。
 
このレビュー企画では、
結局この月間ブロックを使うことはなかったのですが
 
月間ブロックに予定を書いて、月間リストに家計簿をつけたり
月間ブロックに日記を書いて、月間リストに予定を書いたり
いろんな使い方ができそうですね。
 
 

ウィークリーページ

 
ウィークリーページは、今回はバーチカルのものを選びました。
見開き1週間で、縦に時間軸が書かれています。
 
 

バーチカルの時間軸は6時30分〜22時30分

 
バーチカルの時間軸は6時30分から22時30分。
 
それぞれの時間の間には中黒(・)が打ってあり
30分単位で書き込めるようになっています。
 
朝早くから書き込めるのは良いのですが、
欲を言うと24時くらいまで書き込めると良かったなぁと思います。
 

バーチカルの横にTo Doリスト

 
メインとなるバーチカル意外に、
左ページの端にチェックボックスのTo Doリストがついています。
 
こちらもいろいろな使い方ができそうですね。
 
私は、趣味の作業目標を書き込んだりしていました。
 

下のメモ欄にあれこれ書き込める

 
時間軸の下にはメモ欄がついているので、
日記や家計簿、ちょっとしたメモなど、なんでも書き込めます。
 
私は特に使ってはいなかったのですが、
気づいたことをメモする癖をつけたほうがよかったかもしれませんね…。
 
スポンサーリンク
 
 

その他の仕様

 
マンスリーやウィークリーの他にも
いろいろと気づいた点がありましたので、
そちらも紹介していきたいと思います。
 

別冊ノートが便利

 
使い始めた当初は気づかなかったのですが、
巻末に別冊ノートがついていました。
 
 
アドレスを書いておいたり、メモを書いたりできますし
取り外し可能なので、この別冊ノートだけ持ち歩くこともできます。
 
手帳を変えても持ち歩きたい情報(パスワードリストなど)を
書いておくと良いかもしれません。
 

インデックスつき!開きやすい反面…

 
手帳には月ごとにインデックスがついていて、
見たいページをサッと開くことができます。
 
↓この写真の、右端に映ってる物ですね。
1~12月までついています。
 
 
とても便利なのですが、インデックスの端が
手帳を書いているときに手首などに当たり、
徐々にめくれてきてしまいました…。
 
気にならない方は良いのですが、
私はそこがすごく気になってしまいました。
 
インデックス以外にもしおりが2本ついているため、
そちらで事足りてしまった、というのもあるかもしれません。
 
スポンサーリンク
 

まとめと総評

 
というわけで、高橋の手帳を1ヶ月間使った結果
総評は以下のようになりました。
 
・使い心地…★★★★☆ 書き込みもしやすく、全体的には満足です。
・マンスリー…★★★★★見やすく、気に入りました。
・ウィークリー…★★★★☆時間軸が24時くらいまで欲しかったので。
・その他の仕様…★★★☆☆めくれやすいインデックスが欠点。
 
長らく、手書きの手帳を使っていたために
既成の手帳を使うのは久しぶりでしたが、
 
「既成の手帳便利!もう手作りには戻れない!」
 
という変化をもたらしてくれました。
 
また、私のフォロワーさんが
 
「ひびきんぐさんのブログを読んで高橋の手帳を買いました!」
 
と報告してくださったのがとても嬉しかったです…!
 
次回からは、ペイジェムのホリゾンタルタイプを
レビューしていきますので、そちらもぜひご覧くださいね!
 
↓高橋編第1週目のセットアップ記事はこちら
 
先日の更新で、「手帳のガチレビュー企画をやる」とお知らせしたのですが、 さっそく高橋の手帳を使い始めました。 この手帳を使うにあたって、 マンスリー・ウィークリーの記入や使い方の確認など スタートアップ作業を行いましたので、 どのように行ったのかを紹介したいと思います。
 
↓本記事でご紹介した高橋ニューダイアリーはこちら
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする