週間レフト手帳が人気な理由!いろんな使い方ができるおすすめの手帳だった

 
スポンサー検索
 
こんにちは!ひびきんぐです。
 
当ブログのアクセス数を見ていて気づいたのですが、
こちらの記事のアクセスがすごく多いんですよね。
「週間レフト」とは、左側がウィークリーページ、右側がノートになっているタイプです。 今回は、週間レフトタイプの手帳を活用する方法をご紹介します。 使い方に迷っている方、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!
 
 
「週間レフトが人気なんだ!」
 
と驚きました。
 
それと同時に、なぜ週間レフトの手帳が人気なのか気になり
週間レフトユーザーの皆さんがどんな風に使っているのかを調べてみました。
 
今回は、調べていく中でわかった
「週間レフトタイプ」の手帳が人気である理由をご紹介します。
 
 
スポンサーリンク
 
 

人気な理由①いろんな使い方ができる

 
週間レフトタイプとは、
左側が週間スケジュール、右側がノートのようになっている手帳のことです。
 
見開きすべてがスケジュールページになっている
ホリゾンタルタイプと比べて、
右ページを自由に使うことができるので
 
スケジュールの管理以外にも
メモをとったり、アイデア出しをしたりするなど
色々な使い方ができます。
 

家計簿やデイリーログがわりにも

 
他の記事でもすでに紹介したのですが、
手帳のウィークリーページを家計簿やデイリーログとして使うことができます。
 
しかし、スケジュール管理+家計簿、
スケジュール管理+デイリーログなど、
複数の項目を書いていきたい場合は
 
ホリゾンタルやバーチカルだと
ページがごちゃごちゃしてしまいます。
 
そのぶん、右ページがノートになっている週間レフトなら
右ページと左ページとで書く項目を分けられるので、
スッキリ見やすい手帳にすることができますよ。
 

方眼タイプならイラストのアイデアも描ける

 
週間レフトの右ページは、横罫が入っている場合が多いのですが
中には方眼罫になっているものもあります。
 
メモやアイデア出しを出しにイラストを使いたい場合、
方眼罫のほうが使いやすいというメリットがあります。
 
方眼罫は、横罫のように
「文字を書くのはここからここまで」という幅が決まっていないので
字もイラストも好きなように書くことができますよ。
 
メモやアイデア出しにイラストを取り入れたいという方は
右ページが方眼罫担っているものを選ぶと良いでしょう。
 

PDCAサイクルを取り入れやすい

 
PDCAサイクルとは、
これまでの記事でも何度か紹介をしてきましたが
 
計画(plan)→行動(do)→評価(check)→改善(action)
 
という行動サイクルのことです。
 
これを取り入れることで、
効率の良い行動ができるようになります。
 
週間レフトタイプの手帳では、
左ページにタスクを書き込み、それをこなせたかを振り返って
その日の評価を右ページに書いていくことによって
PDCAサイクルを簡単に取り入れることができます。
 
これも、ホリゾンタルやバーチカルでは書き込める欄が少ないので
週間レフトタイプが向いていると言えます。
 
スポンサーリンク
 
 

人気な理由②たくさんメモがとれる

 
週間レフトは、先ほどもご紹介したように
右ページがノートになっています。
そのため、メモをたくさんとることができるのです。
 
もちろん、メモをとるだけなら週間レフトだけではなく
他のタイプの手帳でも問題ないのですが、
 
週間レフトは特に、メモがとりやすいタイプだと言えます。
 

1日に書く量の制限がない

 
ノートページには日付は書かれていませんので、
1日に書く量に制限がありません。
 
1日に1行しか書かなくても、
1ページまるまる書いてしまっても良いのです。
 
もちろん、次の週のページに書いてしまうと
少しメモが読みづらくなるので
1週間につき1ページ、というイメージで使うと良いでしょう。
 

毎日メモを取らない人にもおすすめ

 
先述したように、週間レフトでメモをとる場合
1週間につき1ページを使っていくことになります。
 
そのため、1日に何ページもメモをとったり
アイデア出しをするような方は、
手帳とは別にノートを持った方が良いでしょう。
 
逆に言えば、1週間に3〜4日しかメモをとらない、
毎日メモはするけどそこまで量が多くないという方は
ぜひ、メモ帳がわりに週間レフトの手帳を使ってみてください。
 
 

人気な理由③メモ用のノートを持ち歩く必要がない

 
週間レフトの手帳をメモがわりとして使う場合、
メモ帳を持ち歩く必要がなくなります。
 
もちろん、「仕事の都合上、手帳とメモを別々で持たなければいけない」
という方もいるかもしれませんが、
 
そうでない方は、手帳だけでじゅうぶんに
メモ帳の役割を果たせると思います。
 

荷物を増やしたくない方にぴったり

 
カバンにメモ帳と手帳を両方入れていると、結構かさばりますよね。
 
さらに、メモ帳はサイズが小さい場合が多いので
カバンのどこかに埋もれてしまい、
結局サッと取り出せない…
そんな経験をした方も多いと思います。
 
週間レフトの手帳をメモ帳がわりに使うことで
カバンをスッキリさせることができますし、
「メモ帳が見つからない!」なんてこともなくなります。
 

スケジュールやタスクと関連させて書きやすい

 
また、週間レフトの手帳にメモをとる利点として
スケジュールやタスクと、書き込んだメモを関連づけやすいというものがあります。
 
たとえば、スケジュール管理のページに書かれた予定やタスクに関連するメモを
右ページにとっていけば、
 
必要に応じて、矢印を引っ張ったりペンで印をつけるなどして
見やすい手帳を作ることができます。
 
手帳とメモ帳を別々に持つ場合、
スケジュールに関するメモをメモ帳に書いても
 
「これはどのスケジュールについてのメモだっけ?」
 
と、わかりにくくなる場合が多いです。
 
それを防ぐためにも、スケジュールに関連するメモは
週間レフトタイプの手帳を活用して書いていきましょう。
 
スポンサー検索
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?
 
週間レフトは、他のタイプに比べて
より自由度が高く、どんな使い方をしても
しっかりと役割をこなしてくれます。
 
今の手帳に使いづらさを感じている方は、
ぜひ週間レフトタイプを使ってみてくださいね!
 
スポンサーリンク